wiki_syntax_detailed_textile_ja.diff

Go MAEDA, 2016-02-09 14:35

Download (9.41 KB)

View differences:

public/help/ja/wiki_syntax_detailed_textile.html (working copy)
39 39

  
40 40
        <h3><a name="3" class="wiki-page">Redmine内のリンク</a></h3>
41 41

  
42
        <p>RedmineはWiki記法が使える箇所のどこからでも、チケット・チェンジセット・Wikiページなどリソース間へリンクを行うことができます。</p>
42
        <p>RedmineはWiki記法が使える箇所のどこからでも、チケット・チェンジセット・Wikiページなどのリソースへのリンクができます。</p>
43 43
        <ul>
44 44
            <li>チケットへのリンク: <strong>#124</strong> (終了したチケットは <del><a href="#" class="issue" title="bulk edit doesn't change the category or fixed version properties (Closed)">#124</a></del> のように取り消し線付きで表示されます)</li>
45 45
            <li>チケットの注記へのリンク: <strong>#124-6</strong> または <strong>#124#note-6</strong></li>
......
48 48
        <p>Wikiへのリンク:</p>
49 49

  
50 50
        <ul>
51
            <li><strong>[[Guide]]</strong> "Guide"という名前のページへのリンクです: <a href="#" class="wiki-page">Guide</a></li>
52
            <li><strong>[[Guide#further-reading]]</strong> "Guide"というページ内の"further-reading"というアンカーに飛びます。見出しには自動的にアンカーが設定されるのでリンク先とすることができます: <a href="#" class="wiki-page">Guide</a></li>
51
            <li><strong>[[Guide]]</strong> "Guide"という名称のページへのリンク: <a href="#" class="wiki-page">Guide</a></li>
52
            <li><strong>[[Guide#further-reading]]</strong> "Guide"というページ内の"further-reading"というアンカーに飛びます。見出しには自動的にアンカーが設定されるのでこのようにリンク先とすることができます: <a href="#" class="wiki-page">Guide</a></li>
53 53
            <li><strong>[[Guide|User manual]]</strong> "Guide"というページへのリンクを異なるテキストで表示: <a href="#" class="wiki-page">User manual</a></li>
54 54
        </ul>
55 55

  
56 56
        <p>別のプロジェクトのwikiへのリンクも可能です:</p>
57 57

  
58 58
        <ul>
59
          <li><strong>[[sandbox:some page]]</strong> sandboxという名前のプロジェクトのwikiの"some page"という名前のページへのリンク</li>
60
            <li><strong>[[sandbox:]]</strong> sanbdoxという名前のプロジェクトのwikiのメインページへのリンク</li>
59
          <li><strong>[[sandbox:some page]]</strong> sandboxというプロジェクトのwikiの"some page"という名称のページへのリンク</li>
60
            <li><strong>[[sandbox:]]</strong> sanbdoxというプロジェクトのwikiのメインページへのリンク</li>
61 61
        </ul>
62 62

  
63 63
        <p>存在しないwikiページへのリンクは赤で表示されます。 例: <a href="#" class="wiki-page new">Nonexistent page</a>.</p>
......
65 65
        <p>そのほかのリソースへのリンク:</p>
66 66

  
67 67
        <ul>
68
            <li>Documents:
68
            <li>文書:
69 69
                <ul>
70 70
                    <li><strong>document#17</strong> (id 17の文書へのリンク)</li>
71 71
                    <li><strong>document:Greetings</strong> ("Greetings" というタイトルの文書へのリンク)</li>
......
75 75
        </ul>
76 76

  
77 77
        <ul>
78
            <li>Versions:
78
            <li>バージョン:
79 79
                <ul>
80 80
                    <li><strong>version#3</strong> (id 3のバージョンへのリンク)</li>
81 81
                    <li><strong>version:1.0.0</strong> ("1.0.0"という名称のバージョンへのリンク)</li>
......
88 88
            <li>添付ファイル:
89 89
                <ul>
90 90
                    <li><strong>attachment:file.zip</strong> (現在のオブジェクトに添付された file.zip というファイルへのリンク)</li>
91
                    <li>現在のオブジェクト上の添付ファイルのみリンク先として指定可能です (例えばあるチケットからは、そのチケットに添付されたファイルのみリンク先にできます)</li>
91
                    <li>現在のオブジェクト上の添付ファイルのみリンク先として指定できます (例えばあるチケットからは、そのチケットに添付されたファイルのみリンク先にできます)</li>
92 92
                </ul></li>
93 93
        </ul>
94 94

  
......
123 123
            <li>フォーラム:
124 124
                <ul>
125 125
                    <li><strong>forum#1</strong> (id 1のフォーラムへのリンク)</li>
126
                    <li><strong>forum:Support</strong> ("Support"という名のフォーラムへのリンク)</li>
126
                    <li><strong>forum:Support</strong> ("Support"という名のフォーラムへのリンク)</li>
127 127
                    <li><strong>forum:"Technical Support"</strong> (フォーラム名に空白が含まれる場合はダブルクォーテーションで囲んでください)</li>
128 128
                </ul></li>
129 129
        </ul>
......
139 139
            <li>プロジェクト:
140 140
                <ul>
141 141
                    <li><strong>project#3</strong> (id 3のプロジェクトへのリンク)</li>
142
                    <li><strong>project:someproject</strong> ("someproject"という名のプロジェクトへのリンク)</li>
142
                    <li><strong>project:someproject</strong> ("someproject"という名のプロジェクトへのリンク)</li>
143 143
                    <li><strong>project:"some project"</strong> (プロジェクト名に空白が含まれる場合はダブルクォーテーションで囲んでください)</li>
144 144
                </ul></li>
145 145
        </ul>
......
168 168
http://www.redmine.org, someone@foo.bar
169 169
</pre>
170 170

  
171
        <p>上記の記述は次のように表示されます: <a class="external" href="http://www.redmine.org">http://www.redmine.org</a>, <a href="mailto:someone@foo.bar" class="email">someone@foo.bar</a></p>
171
        <p>上記記述の表示例です: <a class="external" href="http://www.redmine.org">http://www.redmine.org</a>, <a href="mailto:someone@foo.bar" class="email">someone@foo.bar</a></p>
172 172

  
173 173
        <p>URLのかわりに別のテキストを表示させたい場合は、標準的なtextile記法が利用できます:</p>
174 174

  
......
176 176
"Redmine web site":http://www.redmine.org
177 177
</pre>
178 178

  
179
        <p>上記の記述は次のように表示されます: <a href="http://www.redmine.org" class="external">Redmine web site</a></p>
179
        <p>上記記述の表示例です: <a href="http://www.redmine.org" class="external">Redmine web site</a></p>
180 180

  
181 181

  
182 182
    <h2><a name="5" class="wiki-page"></a>テキストの書式</h2>
......
220 220
h3. Subsubheading
221 221
</pre>
222 222

  
223
        <p>Redmineは見出しにアンカーを設定するので、"#Heading", "#Subheading"などを指定してリンクが行えます。</p>
223
        <p>Redmineは見出しにアンカーを設定するので、"#Heading", "#Subheading"のように記述して見出しへのリンクが行えます。</p>
224 224

  
225 225

  
226 226
        <h3><a name="9" class="wiki-page"></a>段落</h3>
......
272 272
      <dd><p>サンプルのマクロです。</p></dd>
273 273

  
274 274
      <dt><code>macro_list</code></dt>
275
      <dd><p>上記のマクロを含め、利用可能なマクロの一覧を表示します。</p></dd>
275
      <dd><p>利用可能なマクロの一覧を表示します。マクロの説明があればそれも表示します。</p></dd>
276 276

  
277 277
      <dt><code>child_pages</code></dt>
278 278
      <dd><p>子ページの一覧を表示します。引数の指定が無ければ現在のwikiページの子ページを表示します。以下は使用例です:</p>
......
282 282
      <dt><code>include</code></dt>
283 283
      <dd><p>別のWikiページの内容を挿入します。 以下は使用例です:</p>
284 284
      <pre><code>{{include(Foo)}}</code></pre>
285
      <p>プロジェクトを指定することもできます。:</p>
285
      <p>別プロジェクトのWikiページを挿入することもできます:</p>
286 286
      <pre><code>{{include(projectname:Foo)}}</code></pre></dd>
287 287

  
288 288
      <dt><code>collapse</code></dt>
......
303 303

  
304 304
    <p>Redmineのコードハイライトは <a href="http://coderay.rubychan.de/" class="external">CodeRay</a> という、Rubyで記述された高速なライブラリを使用しています。現時点では c, clojure, cpp (c++, cplusplus), css, delphi (pascal), diff (patch), erb (eruby, rhtml), go, groovy, haml, html (xhtml), java, javascript (ecmascript, ecma_script, java_script, js), json, lua, php, python, ruby (irb), sass, sql, taskpaper, text (plain, plaintext), xml, yaml (yml) に対応しています。括弧内の名前はコードハイライトの指定時に利用できる別名です。</p>
305 305

  
306
    <p>Wiki記法に対応している箇所であればどこでも以下の記述によりコードハイライトが利用できます (言語名・別名には大文字・小文字の区別はありません):</p>
306
    <p>Wiki記法に対応している箇所であればどこでも以下の記述によりコードハイライトが利用できます (言語名・別名では大文字・小文字は区別されません):</p>
307 307

  
308 308
<pre>
309 309
&lt;pre&gt;&lt;code class="ruby"&gt;