アプリケーションの設定

General

アプリケーションのタイトル

Redmineの画面の上部に表示あれるタイトルです。

ウェルカムメッセージ

アプリケーションの「ホーム」ページに表示されるテキストです。HTMLタグを利用することもできます。

テーマ

カスタムテーマを選択することができます。
Redmineには、デフォルトのテーマに加え、チケットの一覧を優先度に応じて色分けするテーマも同梱されています。

画面イメージ:

テーマは public/themes/ に格納されています。テーマについての詳細は テーマ を参照してください。

既定の言語

既定の言語は、利用者のブラウザの言語をアプリケーションが識別できないときに利用されます。また、複数の利用者(異なる言語が混在)へメールを送信する際にも利用されます。 デフォルト: English

日付の形式

日付をどのような形式で表示するか選択できます:

  • 既定の言語の設定に従う: 各ユーザーの言語の設定に従った形式で表示されます。
  • 他の形式: 常に指定された形式で表示されます。

デフォルト: 言語の設定に従う

添付の最大サイズ

アップロードできるファイルの最大サイズです(KB)。 デフォルト: 2048 (2MB)

送信元メールアドレス

Redmineからユーザーにメールを送信する際のFromアドレス。

ホスト名

Redmineのホスト名。ユーザーに送信されるメール中のURLで使用されます。

プロトコル

メール通知でリンクを生成する際に使用されます。 デフォルト: http

テキストの書式

チケット、ニュース、ドキュメントなどでテキスト部分でどのような記法を使うかを設定します。

Wiki履歴を圧縮する

wiki履歴の圧縮を有効にします(データベース領域を節約します) デフォルト: なし

フィード内容の上限

RSSフィードで出力するエントリ数の上限です デフォルト: 15

Use Gravatar user icons

有効にすると、ユーザーのGravatar (globally recognized avatar) が様々な箇所で表示されるようになります。

認証

認証が必要

このオプションが有効な場合、未認証のユーザーはどのページにもアクセスできません。Redmineにアクセスするためには必ずログインする必要があります。 デフォルト: 無効

自動ログイン

ユーザーが自動ログインを利用できるようになります。 デフォルト: 無効

ユーザは自分で登録できる

新規ユーザーが自分自身でユーザー登録を行う機能の有効/無効を切り替えます。

  • 無効: 登録は行えません
  • メールでアカウントを有効化: 新規ユーザーにはアカウントを有効にするためのリンクが記載されたメールが届きます (ユーザーは正しいメールアドレスを入力する必要がある)。
  • 手動でアカウントを有効化 (default): 新規ユーザーのアカウントは作成されますが、管理者の承認が必要です。管理者には承認待ちのアカウントがある旨のメールが届きます。
  • 自動でアカウントを有効化: 新規ユーザーは登録が完了すると直ちにログインすることができます。

パスワードの再発行

パスワード再発行機能が有効になります。 デフォルト: 有効

チケットトラッキング

異なるプロジェクトのチケット間で関係の設定を許可

有効にすると、異なるプロジェクトのチケット間で関係の設定ができるようになります。 Default: 無効

デフォルトでサブプロジェクトのチケットをメインプロジェクトに表示する

有効にすると、チケット一覧、カレンダー、ガントチャートにサブプロジェクトのチケットも表示されるようになります。 Default: 有効

出力するチケット数の上限

チケットをCSV、PDF形式でエクスポートする際の最大数。 デフォルト: 500

チケットの一覧で表示する項目

この設定により、チケット一覧でどの項目を表示させるのか指定できます。この画面では「全プロジェクト向け」と設定されているカスタムフィールドのみが選択できます。

メール通知

送信元メールアドレス

ユーザーにメールを送信する際に使用されるFromアドレスです。

ブラインドカーボンコピーで受信(bcc)

メール通知がBccで送信されるようになります。 Default: 有効

プレインテキストのみ(HTMLなし)

メールがHTMLではなくプレインテキストのみで送信されるようになります。

メールのフッタ

Redmineから送信されるメールの末尾に付加するテキストを指定できます。

リポジトリ

コミットを自動取得する

このオプションが有効である場合、ユーザーが「リポジトリ」を参照した際に自動的に新しいリビジョンを取得します。

デフォルト: 有効

このオプションを無効にし、Repository#fetch_changesetsの呼び出しを自動化することにより、全リポジトリの全リビジョンをバックグラウンドで取得させることができます。
例:

ruby script/runner "Repository.fetch_changesets" -e production

この処理をpost-commitまたはpost-receiveフックを利用してリポジトリから呼び出すこともできます。これにより新しいリビジョンがコミットごとに自動取得されるようになります。

gitによるpost-commit/post-receiveフックの設定例: http://finalcog.com/remine-git-post-receive

リポジトリ管理用のWeb Serviceを有効化する

このオプションは、SVNリポジトリの作成を自動化するスクリプトをインストールしている時のみ有効にします。 デフォルト: 無効

リポジトリのエンコーディング

リポジトリに格納されたファイルにどのようなエンコーディングを適用するのか指定します。(コンマで区切ることにより複数の値を指定できます)。これらのエンコーディングはファイルの内容や差分をブラウザで表示する際に文字化けが発生しないよう、UTF-8に変換する際に使用されます。
複数の値を設定した場合、ファイルの内容に対して有効な最初のエンコーディングが使用されます。

フランス語の場合の設定例:

UTF-8, ISO 8859-15, CP1252

日本語の場合:

ISO-2022-JP, EUC-JP, UTF-8, SHIF_JIS, WINDOWS-31J

コミットメッセージ内でチケットの参照/修正

コミットメッセージがリポジトリから取得されると、参照する、もしくは修正されたチケットのIDが検索されます。
このオプションは、コミットメッセージから参照先あるいは修正されたチケットを自動的に検出するためのキーワードをを定義できます。また、修正されたチケットについてRedmineのステータスをどのように変更するのか設定できます。

デフォルトのキーワード:

  • 参照するチケット: refs, references, IssueID
  • 修正されたチケット: fixes, closes

修正されたチケットで、ステータスのデフォルト値は設定されていません。コミットと同時にチケットをクローズさせるためには、ステータスを設定してください。
もしキーワードを使わずにチケットを参照させたい場合、単にアスタリスク: * を 参照用キーワード に入力してください。メッセージ中に検出されたチケットIDはすべてチェンジセットに関連づけられます。

デフォルトのキーワードを使ったコミットの例:

This commit refs #1, #2 and fixes #3

このメッセージはチケット1および2を参照し、チケット3のステータスを自動的に変更します。
キーワードの後のチケットIDは、スペース、コンマもしくはアンパサンド(&)で区切ることができます。